【手話】ターカオリン

ターカオリンとは?

サインエンターティメント「ターカ」と「岡本かおり」と共に
『社会の壁をなくす』ことを目的に手話を中心に活動している。
活動内容は、YouTubeで手話配信、講演、手話パフォーマンス等で
全国へ展開中です。
ターカオリンチャンネル登録「2500人」突破!!

YouTuber「ターカオリン」チャンネルの特徴は、
・日常で使う会話(雑談)を中心とした動画。
・意図的に音声を無しにしています。
・字幕付きのため、手話が分からない方でも安心して御覧頂けます。
・毎週火曜日、金曜日に配信。

手話の世界、音の無い世界に触れてみよう。

~自己紹介~

岡本かおり

1975年12月11日生まれ。聴覚障がい(ろう者)。
手話で会話をする。大阪府大阪市出身。府立生野高等聾学校 普通科卒業。デフリンピックにバレーボール選手として4回出場し、優勝経験もある。2001年、25歳の時、聴覚に障がいのある人のための放送局「目で聴くテレビ」で手話キャスターとしてデビュー。以後、講演、映画出演、企業研修、手話パフフォーマンスユニット「HANDSIGN」手話監修など、デフタレントとして、多彩でアクティブな活動をしている。

●語学:
アメリカ手話*
簡単な英会話

*アメリカ手話(アメリカしゅわ、American Sign Language、英略:ASL)とは、アメリカ・カナダを中心に世界中で使われている英語に対応する手話。

●プロフィール詳細:
中学1年からバレーボールを始め、大阪市チーム(桃組・O.D.V.C)で国体の全国大会に出場。首位の常連となる。1997年、聴覚障がい者のオリンピック「デフリンピック」に、バレーボール選手として初出場。以降、12年間にわたり、4回連続出場を果たす。金銀銅メダルを獲得。現在もデフリンピックを広める活動をしている。
2001年、25歳の時、聴覚に障害のある人のための放送局「目で聴くテレビ」国際手話の生徒役になる。2002年に手話キャスター養成講座を経て、第3期手話キャスターとなる。2017年まで15年間にわたり同番組に出演。

2017年より、現在は株式会社サイレントボイスが提供する無言語コミュニケーション研修プログラム「DENSHIN」で研修講師を務める。
ほか講演、映画出演、楽曲の手話翻訳の監修など、多彩でアクティブな活動を続ける。SNSの総フォロワー数は1万4,000名と、各種の障がい者タレントの中ではトップを独走。

主な講演テーマは「デフリンピック」「プラスのエネルギー」「手話の世界」など。講演は手話が中心で、プロジェクターを補助として使用する。手話で真剣に語り、随所に笑いを取り入れる。全身で表現するスタイルが評価されている。

趣味は、星・スマイル・クラウン(王冠)柄の小物などを集めること。人間観察、映画鑑賞、カラオケ、ダンスなど。
夫は、デフリンピック2回出場のバスケットボール選手、小立哲也。

TAaKA/ターカ

1982年5月26日生まれ。聴覚障がい(ろう者)。
手話、口話の両方で会話をする。京都府京都市出身。
京都府立聾学校幼稚部半年、小中高は普通学校を卒業。
小学生時代:少年野球「山科クラブ」に所属し、京都大会で優勝経験あり。
歯科技工士専門学校中退。国立吉備職業訓練学校電気電子科修了。
第29回アビリンピック全国大会出場「電子機器組立」部門で努力賞受賞。

2011年7月にバンド『4Disaibilities(よんでぃさびりてぃーず)』結成。
4Disaibilitiesは、4人の障害者という意味で、耳の不自由な サインダンサーが、
歌詞の内容を手話パフォーマンスとして表現し、
「 耳だけでなく  目でも聴ける  新次元の音楽 」  をバンドコンセプトに、
 メンバーの想いをオリジナルの楽曲にのせ、京都を中心に活動をしている。
4Disabilities→https://4disabilities-world.jimdofree.com/

・プロフィール詳細:
中学時代にkinkikidsにはまり、ダンスを始める。
20歳の時に、POPPINGダンスに衝撃を受け、本格的にPOPPINGを始める。
それと同時に、サインダンス「SOUL☆STAR」チームに入る。
25歳頃にソロでサインダンスを始め、ワイズメンズクラブ主催イベント、京都拘置所、福祉イベント等、繋がりを通して各地へ活動を広げる。
転職で「オムロン京都太陽」に入社し、そこで4Disabilitiesのメンバーと出会い、バリアフリーを目的に結成。
2015年12月にサインシンガー強力翔と出会い、ライブハウスで一緒にパフォーマンスをするが、そこの会場には車いす用トイレが狭かったり、段差、階段があったり、エレベーターが無かったり、歌詞表示が無く、視覚的に楽しめる環境が無かったり、その不便さにショックを受ける。こうした社会の壁を少しでも早く無くそうと、2019年6月19日にYouTuber「ターカオリン」を結成し、YouTubeを通して、自ら情報を発信している。

NHK「聾を生きる難聴を生きる」に4Disabilitiesと共に出演。
聾主演映画「卒業」の主役である大矢さん役を演じたり、
フルカワトシマサのヤクタタズ!「相模原障害者施設殺傷事件」第一弾舞台デビューするなど、俳優としての一面も。


趣味:映画、スノボー、バイク、読書、ダーツ、カラオケなど。


※準備中

4Disabilities オリジナルソング「明日のために」
結成して初めて出来た曲です。是非観て聴いてください。

講演、手話パフォーマンスの依頼をする。